症状に沢山の種類があるうつ病【改善には長い時間が必要】

十分な休養が必要な病気

婦人

周りの人の接し方も大切

集中力が低下したり、気分が落ち込んでしまったりするうつ病は様々な症状が現れる病気です。一見病気を発症している様に見えないのが厄介な部分ではありますが、いつもと何だか違うと感じたらうつ病の可能性もあるので注意が必要でしょう。そんなうつ病ですが、その他にも様々な症状が出てきます。全てにおいてネガティブになってしまったり、眠れなくなってしまったりするという症状もこのうつ病の特徴です。症状が色々ある為に、なかなかうつ病と自分では出来ない場合もあるので、その場合は病院での診断が必要になります。精神科や心療内科では、問診や診断基準を用いて発症しているかどうかをチェックしていきます。うつ病の診断は難しい部分でもある為、慎重に行われるでしょう。この前まで元気で仕事も一生懸命だったのに、最近仕事にも意欲が無いなど、仕事にも影響してしまう場合もあります。また、この病気は真面目で責任感が強い人が発症する傾向にあります。うつ病の根本的な原因は未だ分かっていない部分がありますが、過度のストレスなどもこの病気を発症してしまう要因の一つでもあるでしょう。真面目で責任感が強い人の場合、何事も頑張ろう、成し遂げようと言う気持ちが強く、それが評価にもつながりますが、逆に心に大きな負担となりストレスが掛ってしまう場合もあるでしょう。また、この病気は心と体の両方に症状が現れてくる為、治療は心と体の両方の治療が行われます。うつ病の状態が強く出ている期間は急性期として、抗うつ剤の服用や心の働き掛ける精神療法など用いてしっかり患者さんにアプローチを掛けていきます。精神療法では、ネガティブな思考を改善する為にも考え方をプラスに持っていく誘導型治療や、人間関係に問題がないかなど、心の負担になっているものは何なのか、しっかり追求していくでしょう。また、抗うつ剤は最初は副作用を見る為にも弱い物から処方され、徐々により効果がでる薬に変えていきます。ただし、最初はあまり効果を感じる事が出来ませんが、それも副作用を見る為なので心配する必要はありません。この病気の最善の治療は心と体を十分休ませる事にあります。ゆっくりと休養を取る事でストレスを解放し十分に体を休める事が出来るでしょう。それが何よりものお薬です。その為、無理に何かをさせたり、仕事に行きなさいなど言ったりする事は無い様にしましょう。精神科や心療内科は心の治療の専門家です。きちんと症状を診てもらう事で、その人に合った最善の治療を行ってもらう事が出来ます。また、もし病院に行かなかった場合、症状が深刻化してしまう場合もある為、早期解決を目指す為にも出来るだけ早くクリニックで治療を受ける事が大切です。しかし、中には病院に行きたがらない患者さんもいるかもしれません。その様な場合は、出来るだけ周りの人がサポートをして、病院に行く事を促してあげる事が大切です。ただし、行かないからといって無理に活かせようとするのではなく、あくまでも優しく促してあげる程度に留めましょう。また、一緒に病院に付き添ってあげるなど、患者さんの意思を尊重した接し方が大切です。

メンタル不調のタイプ

カウンセリング

うつ病は、抑うつ気分や倦怠感や睡眠障害などが現われる脳の病気です。症状も人によって様々で、病気の種類もいろいろなパターンに区分されます。しかし、そのタイプが混ざっていたりするなど、複雑です。このため、専門医の診察を受けることが大事です。

病気と向き合う為に

男性

もしうつ病を発症してしまったら、専門的なクリニックでの治療が大切です。治療を行う事できちんと治す事が出来る病気であり、改善出来る病気なので、是非信頼出来る病院を見つけ通う様にしましょう。そうする事が症状改善の第一歩です。

気持ちと体にあらわれる

病院

うつ病の症状としては気持ちにあらわれるものと体にあらわれるものがあります。特に代表的なものとして睡眠障害が挙げられます。治療においてはひとつひとつの症状を取り除きます。そのため、どのような症状があるかを伝えることがポイントです。